家はいくらで売れるの?

 

  • 近所に学校やスーパー、病院はあるか?
  • 治安はよいか?
  • ご近所で問題がある人はいないか?
  • 夜は静かに過ごせるか?

 

など、家がいくらで売れるのか?は様々な要因が絡み合うため、一概には言えません。

 

そこで、「不動産屋さんに、査定依頼しようかな?」となりますが・・・

 

業者選びをミスすると、100万円単位で損をする恐れがあります!

 

@適当に1社選んで仲介の依頼をする

A売却活動が鈍い、担当者との意思疎通がうまくいかない

B買主さんが見つからない

 

※または見つかっても、交渉力がなく、安い値段で売却してしまう

C時間だけが経過する

D土地の価値がどんどん下がる

 

 

解決法は複数社へ査定依頼!

 

複数の不動産屋さんへ、査定依頼をして、一番査定額が高い業者へ・・・・

 

ではなく(汗)

 

  • 会社の実績
  • 担当者のコミュニケーション力
  • 人間性
  • 提案力
  • あなたが好きなタイプかどうか

 

を見極めましょう。

 

「え?最高値の提示業者がベストじゃないの?」

 

いえいえ、例えば車の買取でしたら、”業者が買取”をしてくれるため問題ありません。

 

ですが、あなたの家を購入する人は、”まだ見ぬ買主さん”で、業者は仲人さんのような役割です。

 

そのため、最高値の査定提示だとしても、その額で家が売れるとは限りません。

 

※ただし、根拠がしっかりしている場合は最高値業者でもOK

 

不動産の一括査定なら60秒!

 

「でも、あちこち連絡するなんて、面倒だよね?」

 

そうした悩みを1分で解決する方法が一括査定サイトです。

 

複数業者に60秒入力で一括査定依頼

 

複数の業者に一括して家の査定依頼することで、
競争原理を発生させます。

 

完全無料

 

相性の良い担当者も、一括査定!

 

ライバル同士競争してもらい、あなたにピッタリの”担当者さん”も見つけることができます。

 

買主探しを一緒に手伝ってくれるパートナーさんですから、複数比較しましょう♪

 

※担当者、次第で運命が決まります。

 

 

イエイ

 

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

 

 

【特徴】

 

  • スマホorPCで60状かんたん入力
  • 無料で利用できる
  • 1000社以上た厳選された最大6社
  • 悪徳業者を排除!
  • お断り連絡も代行もOK!

 

 

【公式】→https://sell.yeay.jp/

 

家の売買についての疑問など

家の売買を解説する女性

 

不動産オンライン一括査定メリット・デメリットは?

 

不動産売却を考えた時に、地元の不動産業者のみに査定を依頼すると、判断基準が少なく低価格に抑えられてしまう可能性があります。

 

オンラインで一括査定を行なう最大のメリットは、複数の不動産業者が様々な基準により独自に査定を行なうので、結果的にバラついた提示価格から比較出来ることです。

 

不動産売却を考えた時に、オンライン一括査定を行なう費用は掛からないので、無料で不動産売却の相場を知ることが出来ます。

 

自宅にいながら3社から6社程度の査定価格を確認出来るので、手間が掛かりません。

 

 

実際にオンラインにて一括査定を行なうと、不動産売却に慣れていない人にとっては、デメリットと感じてしまうことが確かにあります。

 

一括査定を受けたら必ずその中から売却先を見つけなければならないという考え方をしがちです。

 

しかし、多くのオンライン一括査定サイトでは、しつこい勧誘は禁止されているので心配はありません。

 

むしろ、地方では査定出来る不動産業者の数が少ないといった点がデメリットと感じるでしょう。

 

不動産売却は、査定価格を比較する所から始めなければ、いくらで売却出来そうか判断がつかないので、
メリットを受けるためには登録している不動産業者が多いオンライン一括査定サイトを利用して不動産売却先を探すと良いです。

 

 

家を売却※書類一覧を解説!

 

不動産を購入するときは、図面や価格を見て検討することができますが、売却の価格を決めるのは売主自身です。

 

価格は自由に決めることができますが、高すぎるとなかなか買い手が現れず、反対にあまりにも短期間に成約すると、
もう少し高くても売れたかもしれないと後悔することにもなりかねません。

 

不動産は同じものが二つとないため、一物一価という言葉があって、売り手と買い手が合意して契約した価格が実際の時価にほかなりません。

 

一度限りの取引で、安く売って損したと後悔しないためには、複数の会社で不動産査定をしてもらうと効果的です。

 

不動産会社は、成約した際に仲介手数料を支払いますが、成約しなければ費用は発生せず、不動産査定を無料でサービスしてくれる会社が少なくありません。

 

不動産最低を依頼する場合に必要な書類は、登記簿謄本、図面などに加えて、購入時のパンフレットや、住宅設備の仕様表などがあるとより有効です。

 

登記簿謄本は、法務局に1通千円程度の手数料を払えばだれでも取ることができますが、物件の面積や所有者などが記されています。

 

図面や購入時のパンフレットなどは、査定、売却依頼に必須の書類ではありませんが、
自分が買ったときに感じた物件の魅力が凝縮されているので、査定にあたって評価アップにつながる可能性があります。

 

 

 

不動産売却の専属専任媒介(専任媒介)と一般媒介の違い

 

不動産売却時における専属専任媒介と一般媒介には違いがあります。

 

まず専属専任媒介は売主が不動産を売却する時に1社の不動産業者にだけ売却依頼をするという事です。

 

1社だけに任せる為、不動産業者は売主へ定期的に販売促進状況をきちんと報告する義務があるという点が大きな特徴です。

 

メリットは売主ときちんと専任で契約をしているので他の不動産業者にその物件を売られてしまうという事がない為、業者が時間やお金をじっくりかけて販売促進に取り組んでくれるという点です。

 

一方、一般媒介は売主が複数の不動産業者に不動産の売却依頼を同時に行う事が出来るという事です。

 

その為買い主がすぐに見つかる可能性があります。
しかし売主に対して業者の販売促進活動の報告義務が課されていない為

 

、業者がしっかりと営業をしてくれなかったり、チラシに物件を載せてくれなかったりする事もあるので注意が必要です。

 

その理由は売主は複数の業者に依頼を行っているので、自分達が資金を使って宣伝をしても結局他の業者で売却が決まってしまうと今まで使った資金が全て無駄になってしまう為なかなか業者は積極的に宣伝をしてくれないという事です。

 

このように不動産売却といっても専属専任媒介と一般媒介があり、それぞれにメリットがあるので良く考えて自分にあった方を選ぶ事が必要です。

 

住宅ローン返済中だと、家は売却できる? できない?

 

家を売却する際に、住宅ローンを返済中の場合には売却できるのかできないのかが気になるものです。

 

住宅ローンの残債を売却金額で全て完済することができれば問題はありません。

 

ローンを借りている金融機関の抵当権を抹消するにことと、購入者に対しての所有権移転を同時に行うことで問題なく手続きは完了します。

 

けれども問題なのは売却金額で返済中のローン残債全てを払えない場合です。このような条件では金融機関は抵当権を外してはくれません。

 

残りを分割返済すると言っても、その保証がないからです。そこで他に借り入れを行い、残債全てを返済する必要があります。

 

ただし家を買い替える場合には、新たな借り入れの際に売却する家の残債分も一緒に融資を受けることができるケースがあります。

 

このような形であれば、融資を受けると同時に残債も返済し、抵当権を抹消することで所有権の移転ができるようになります。

 

また住宅ローンを滞納してしまった場合には、任意売却を利用することで残債があっても売却することが可能となります。

 

ただし仲介業者は債権者の承認を得たところでなければいけません。相談することなく勝手に処分することはできないので、注意が必要となります。